10tのエメラルド

私の好きな漫画家で魚喃キリコさんという方がいらっしゃるのですが、
その作品のひとつ「strawberry shortcakes」に、こんな一節があるんです。


ああ 恋がしたい

うつむいて歩いてたら突然

天空から10tのエメラルドが目の前に降ってきて

行くてをはばまれてしまったような、

そんな恋がしたい


私、そんなに宝石が好きなわけではないんですけど、この「10tのエメラルド」という言い回しがすごく好きなんです。

でね、この10tのエメラルドって、恋に限らず、子育てにも共通することだねと思うのです。

子どもってほんと、一筋縄ではいかなくて、小さいうちは自分の時間もほとんど取れないほどつきっきりで、自分の思い通りには全然行かなくて大変なんですが、それを差し引いても有り余るくらい、圧倒的に子どもって宝物なのです。

うちは10歳の娘と5歳の息子がいるから、合計20tのエメラルドですね。

さて、うちのエメラルドさんたちはどんな大人に育つでしょうね。



#魚喃キリコ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
悲しい気持ちの時は、円周率や二進数を眺めると気持ちが和らぐ中年女性
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。