見出し画像

どんぐり

数年前に就いていた訪問介護の仕事では、時々訪問先の人たちから贈り物をされることがありました。現在はどうかわかりませんが、少なくとも当時の介護業界では、利用者さんから贈り物を受け取ることは(お茶一杯すら)禁じられていましたので、基本的には丁重に感謝の気持ちを伝えつつ、お断りすることになっています。もっとも私は、状況に応じてそれを受け取ることもあったので、介護の仕事はとても好きでしたが、介護士としてはどちらかといえば、不良だったなと自覚しています。


「食べなくちゃと思うんだけれど、食欲がないんだよ。ひとりで食べてもおいしくない。今作ってくれたもの、もしきみのお昼がまだなら一緒に食べないか?」あるとき、利用者のひとりから提案されたことがありました。メニューはなんてことない、数種類の野菜やベーコンを入れたスープと、バターを塗ってチーズを乗せたトーストなどです。少し迷ったあと、「ご一緒してもよろしければ」と、提案にのりました。

この利用者さんは、つい最近までは自分で散歩に行くことができ、散歩の帰りに自分で好きな昼食を買いに行くのが日課でした。ある時、ちょっとした道路の段差につまづいてしまい、足を骨折したことにより、外出が思うようにできなくなってしまいました。それと比例するように、彼の食欲は次第に落ちていき、体も少しずつ痩せていきました。訪問介護のチームみんなで、食欲のわくメニュー・食べやすいものなどについて、試行錯誤していたのですが、なかなか彼の食欲は回復しません。


そういった経緯の最中にあって、仮に一緒に食べることで楽しい気持ちが湧き、食事が少しでも進むのだったらまあ、不良介護士の役を引き受けたって別に良いかなと思えてきました。作った食事を二つのお皿とお椀によそってテーブルに並べ、小さめの音量で流れているTVのニュースなどを見ながら、時々短い会話を交えながら、お互いゆっくり食事を摂りました(彼は体調の問題でゆっくり食べることしかできないし、私はもともと食べるスピードが遅いので、ちょうど同じくらいのペースでした)。その日、彼は私の出した食事を完食しました。


掃除をしたり、食事を作ったり一緒に食べたりしながら、ぽつりぽつりと紡ぎ出される彼の話を聞くのが好きでした。家族の話。仕事の話。戦争で間一髪、命拾いをしたときの話など。

あるとき、彼が先日通ったデイサービス(日帰りで食事をしたり入浴したり、リハビリを兼ねたレクレーションなどをおこなう施設)での散歩の時間で拾ったどんぐりをくれたことがありました。こげ茶色で、ぴかぴかのとても綺麗なやつです。嬉しくなって掌で大事に包みこんで持ち帰りました。



また、あるとき、別の利用者さんから本を贈られたことがありました。何気なく背表紙を見てみると、大変高価な本だったので慌てて「いただけません」と言いました。彼女は穏やかな表情を変えずに「あなたの娘さんは、保育園時代に辞書や電話帳を愛読書にしていたとお聞きしたので」と言い「この本も気にいるのではないかなと思いました。コミュニケーションなど、苦手なこともある娘さんかもしれませんが、きっとこれから色々なことを吸収して、その能力を活かす時がくるはずです」そして彼女は「どうせもう読まない本なので」と付け加え、静かに微笑みました。

散々迷った挙句、分厚い本を大事に抱えて帰宅しながら(これはどんぐりだ)と思いました。この本も、私や、私の子どもの未来が開けることを祈り、最善を願う彼女の気持ちも「ぴかぴかのどんぐり」だと思いました。それは大人に内緒で立ち入り禁止の空き地で拾ってきた、いっとう綺麗などんぐりのように感じられました。



人と関わるというのは、その関わった人が自分の一部を形作るという事だ、と思います。少なくとも私にとってはそうです。私たちは(意図しない形も含め、良くも悪くも)関わる全ての人たちと影響を受け合い、少しずつ変化を繰り返しながら生きています。私は、今も私の中にいる、ぴかぴかのどんぐりを贈ってくれた人たちの事を忘れません。それらは今の私を作ってくれた、重要な部分だからです。そして私も、今まで私にどんぐりをプレゼントしてくれた人たちのように、他者と関わっていけたら良いなと思うのです。元不良介護士のお話はこれでおしまいです。




追記:わたしにとっての「ぴかぴかのどんぐり」がもうひとつあります。それはnoteでのサポートや、時々出す有料記事によって得た収入、そしてここで出会った人たちです。時間と引き換えにする以外でお金を得る体験はわたしにとって、元夫と離婚をする際に、裁判所で調停をおこなった事を除き、初めてのことでした。

わたしは人と対面で話すことがあまり上手ではありません。ここnoteで文章や絵や漫画という形で人にそれを見てもらい、ふだん頭の中で考えているだけのことをたくさんの人と共有し、ときには応援されたり、励まされたりしました。それらは、今までの自分の価値観やお金の使い方について考え直すきっかけとなりました。noteという場所があってよかったと思います。

ここで得た収入は、災害時の寄付/わたしが以前滞在した、様々な事情(家族の暴力、貧困、人身売買など)で一時的に女性が保護される施設への寄付/仕事の勉強に関する書籍の購入/子どものお菓子(これは、サポートしてくださったかたからそういう風に使ってあげてください、とメッセージをもらいました)などの用途に使わせていただきました。心から感謝します。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25
悲しい気持ちの時は、円周率や二進数を眺めると気持ちが和らぐ中年女性

この記事が入っているマガジン

コメント4件

がたっ。
はい。記事を書きながら、(どんぐりさんいらっしゃるかも…?)と思っておりました、ようこそ!紅茶と、クリスマスケーキの飾り付け用で、多めに買ったドライフルーツをどうぞー!

先日の電車での体調不良、大変でしたね。お大事になさってください、そしてどうぞ良いお年を〜。
あっ、こちらに返信するの忘れてました、ごめんなさいー!
あらためて読まして頂いて、やはり進月さんの考え方は素敵だな~と思いました。
(そんな素敵なnoteに、私のコメントのお邪魔感ったら…w)

ドライフルーツをもしゃもしゃ食べながら、きっと進月さんに担当してもらった利用者さんは嬉しかっただろうな~と思いました。
年は明けてしまいましたが、今年もよろしくお願いしまーす!
わたしも(え、なんでちくわさんドライフルーツ食べてるんだろ...)と思いつつ1つ前のコメントを読み返して(私があげたんじゃん)と自分でびっくりしたので、忘れっぽさはいい勝負なんじゃないかな、と思います。

話は変わりますが、わたしも雨を心配していたので、雨が降る前/早朝の出勤前にクローバーのまち針を探しに行きました(公園のベンチもけっこう年季が入っているので、テープが剥がれやすそうかもなぁ と気がかりでした)。とても素敵な「ぴかぴかのどんぐり」ですね、歴代ぴかぴかのどんぐりと一緒に、大切にしていきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。