見出し画像

「お金より大切なもの」について考える


子どもの頃は「お金は人を狂わせる、怖くて悪いものだ」というイメージがあった。(周囲のお金にまつわるトラブルを多く見てきたせいも、ちょっとだけある)一緒に住んでいた親戚から「お金は全てじゃないけど大事なものだよ」と言われてからは少しずつ考えを改めた。


お金は「言葉」や「情報」と同じように、何かを得るために必要なツールのひとつであり、使い方を間違えなければとても便利な道具だと思う。その道具とうまく付き合っていくために「役立ったな」とわたしが感じたことを5つリストアップする。


①一見面倒だと思うことを丁寧にやる

わたしは一回離婚を経験しているのだけど、元夫と別居するまでは、「世界のルールや手順」についてあまり深く考えたことがなかった。正直に言うと、難しいことを考えるのはちょっと面倒だった。


結論を言うと、自分が今生きている世界のルールや手順を知ることは、自分自身や大切な人たちの心身や財産を守ることに繋がる。面倒くさがってばかりではいけないのだと痛感した。大切なものを守るときに、知っておかなくてはならないことが世界にはたくさんある。


たとえば、社会的に立場の弱い人を守るための制度(つまり、弱い立場にある人たちがそうでない人と戦う手段)は、意外とこの世界に存在する。でも自分から調べないと受けられない制度も同時に、たくさんある(これは課題だとも思う、社会的に立場の弱い人ほど、そういった情報にたどり着くまでに時間がかかる傾向にあると思うので)。

とはいえ、全部を知ることは不可能なので、「どこへいけばその情報へたどり着くことができるのか」、そして「必要なときにその場所へ行き、どのようなことで困っているのかを相談できること」が重要だと思う。


(過去の自分自身にも向けて)もう一度言う。自分が今生きている世界のルールや手順を知ることは、自分自身や大切な人たちの心身や財産を守ることに繋がる。




②必ずしも「長時間働けば収入が増える」というわけではない

①につながる事だけれど「なにに時間をかけるか」という事について考えておかないといけない。単純に目の前の仕事をただこなすだけでは、あまり収入を増やすことはできないからだ。時間をかける仕事と、そうではない仕事との区別をつけること。そして、一見面倒だと思える仕事の中に将来へつながる重要な仕事が混ざっていたりするので、大切なことはなにか?をいつも(頭の隅にでも良いので)考えておくことが大切ではないかなと思う。




③いわゆる「働いて得る収入」も大事だけれど、「一見分かりづらいプラス収益」と「支出」にも目を向ける

たくさん働いて収入の多いひとが豊かに生活している、とも限らない。収入が増えると支出(主に税金)も大きくなるからだ。単に働いて得る収入のみに目を向けるよりも、お金がどのように流れているのかを知ることが大切ではないかと思う。


わたしは今時短で働いているので、「働いて得る収入」だけに注目すると一見少ないけれど、実際に恩恵を受けているのはそれだけではない。

(ほかにもあるけど一部を抜粋)
①離婚前に話し合って決めた養育費
②国や自治体から各種手当の支給がある
③医療費の負担が少ない
④子どもたちの保育園や学童の費用減免
⑤住民税の減免
⑥公共交通機関は割引/もしくは無料になる場合あり


こういったプラス面も踏まえると、わたしの年間の収入は、30代後半の平均的な年収とだいたい同等になる。身の丈にあった生活をして、浪費をしなければ(日常生活に必要なものと、欲しい本を買う分には)十分生活していける金額だと思っている。




④種を植え、気長にこつこつ育てる

すぐには結果がでない「種」がある。育てるかどうかは自分次第だと思う。けれど、自分自身が決意して、地道に継続すると、すぐには目に見えなくても、数年経てば徐々に変化があらわれる。たとえばそれは「勉強」だったり「投資」だったり、人によって呼び方が違うと思うのだけれど、それらは種を植えて水をやったり肥料を与えたりするような行為だ。かならず実を結ぶとは限らない。でも、種をまかないことには結実しないのだ、地道に工夫しながら、日々積み重ねていくしかない。




⑤お金より大切なもの

もちろんお金は大切だけれど、わたしにはお金より大切なものがある。それは時間と健康と信頼だ。同時に、この3つはお金を得るために必要となる要素でもある。わたしはどのような時間を過ごし、どんなふうに自分自身と他者の心身を尊重し、信頼関係を築いていくのかをよく考え、決めなくてはならないと考えている。


(堅苦しいこと言ったけど、要はわたし、好きな人たちと楽しい時間を過ごしたいな〜と願ってるんです。「わたしと好きな人たちがお互い楽しく過ごしていくために何ができるか」を考え続けることが、結果的に全体のプラスに繋がるんじゃないかなー、と)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

進月

悲しい気持ちの時は、二進数や円周率を眺めると気持ちが和らぐ中年女性

その他エッセイなど

つらつらと思ったことや感じたことを文章や写真に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。