闘病マガジン

6
記事

恥ずかしい話

キリのいいところまで仕事を終わらせた後、一息つこうと休憩所へ行ってスマホを眺めると、前職のマネージャーから一斉メールが来ていた。台風で鉄道ダイ...

幽霊(もしくは幻覚)について

あとから思い返しても、あれは何だったのだろう?と思う出来事がいくつかある。特に、2年前の体調を崩す→血液がんが発覚→治療→寛解(いったんがん細...

悲しい思いをさせたくない

親友のお父さんは、がんで数年間闘病したのちに亡くなった。なんというタイミングなのだろう と思うけれど、「その日」はわたしが抗がん剤の治療を始め...

「脆い」に触れる

一時期よりはだいぶ平気になりましたが、わたしは先端の尖っているものが苦手です。お箸も傘も、尖っている方を向けられると叫びだしたい気持ちになりま...

都庁の見える窓

今の職場では、お昼の休憩室の窓から都庁が見える。雨が降っていると輪郭がぼやけてしまうのだけど、天気の良い日はくっきりと新宿方面のビル群を見渡す...

人生とはカオスである

ここ数年(特に厳選するならここ1年)、人生がカオスなことになってきています。 空からは日々冷たい雨や針や雹や槍が降ってきて、そのおかげでわたし...