おすすめノート2

20
ノート

浴びる言葉って大事すぎる

大学時代、アメリカ人の
教授がこんなお話をしていた。

A、B、C 3人の
バスケットボール選手がいるとする。

彼らは出来るだけ沢山のシュートを
時間内に決めようとしている。

A選手がゴールめがけてボールを投げるとき
大勢の観客はポジティブな言葉をかけた。

「A!君ならできる!きっとできる!」

シュートが入ったら皆で喜ぶ。

「すごい、その調子!天才だよ!」

一方、B選手には何も言わなか

もっとみる

魂がリフレッシュするとき

自分のことを、優柔不断でわりに腰の重いタイプだと認識しているのだけれど。時々「本当にそうなのか…?」と自分でもびっくりするくらい、スピード感に満ち溢れていることもある。

例えば、それは昨日のこと。

雨で撮影の予定が延期になったので、なんとなくスマホを眺めていたら。しばらく前にテレビで見かけた明石の玉子焼きのお店について検索したタブが、そのままになっているのが目に入った。

「ああ。ふらっと明石

もっとみる

迷宮からうまれた「旅する土鍋」

あるとき土鍋をかかえてイタリアの広場に座ってまどろんでいたら、自分がどんどん小さくなって土鍋のなかに入りこんでしまった。かれこれ30年も時がながれた陶歴のなかで、うつわの迷宮にはいりこんだのは2回目だった。

1回目は30年前の学生時代、冷たいろくろ引きのうつわの中で水没しそうに慌てふためいていたが、2回目は妙に肝がすわっていた。

「このまま旅したい」

そうそう、みなさんにこれを説明すると驚か

もっとみる

笑いが脳を真っ白にする

「どのお笑い番組が一番好きですか」という究極の問いに対する答えがようやく見つかりつつある。やはり『さんまのお笑い向上委員会』に勝る番組はない(私としては)。ひいひい言いながら笑いまくり、見終わってからふと、30分間ずっと頭の中が真っ白だったことに気が付く。いつもの部屋から脳みそがスタジオまでワープしてしまう。そういう力を持った不思議な番組なのだ。

笑いというものは凄い。笑っている瞬間は脳内で真っ

もっとみる

誤解のままでいい

昔、母が言っていた。

「親しくしていた人に誤解を受けて、その人が離れてゆく。自分についての色んなあらぬ噂を鵜呑みにしてして、悪口を自分の知らないところで話している。そうなったら仕方ない。それで離れて行くなら何も言わない。相手を追いかけない。そしてその悪口を教えてくれた人とも距離を置く」

子どもだったわたしは、

「誤解を受けたままでもいいの?本当の事を言わないままでもいいの?もう友達でいられな

もっとみる

欠点を開き直る人はえらい

「僕、遅刻癖あるんで、集合時刻とかぜんぜん守れないんで、そこのところよろしくお願いします」

 と、仕事相手に言われたらどう思うだろうか。はぁ? なんだこいつは。何を開き直ってるんだ。と、イラッとくるのではないか。

 しかし、私はこういう行為を許容したい。「よくぞ言った!」と褒めたいくらいだ。その理由はシンプルで、遅刻する人間のほとんどは「私は遅刻します」と言わないから、言ってくれるぶんだけエラ

もっとみる

買ってよかったDVDたち。

昨日、部屋の片付けをしていて、棚の整理もしようと思い、そういや私の持ってるDVDって数えるほどしかなかったよな、今後のため、記録のためにも写真撮っておこうと思い立ち、撮ったのがコチラ。

全部で15枚。勢いで買ったのと、どうしても手元に置いておきたくてヤフオクなどでゲットしたのと2通りあります。でも今考えたら、手放そうと思うものは一切ないな。

基本的に映画館で観る派かつ二度同じものを観に行く方で

もっとみる

ボディーランゲージが人を作る

時々Twitterで #脚本家のつぶやき というタグをつけて、創作のツボ的なことや脚本家志望の皆さんへのメッセージをつぶやいています。
例えば、こんな感じ。

つぶやいておいて何ですが、こういうアピールの仕方の違いは競馬の「ハナ差」ぐらいの違いしか生まないだろうと思います。
評価をする側から見れば、「何はなくとも筆力」のはずですし、筆力で周りに何馬身もリードしているなら、気にするほどの事でもないで

もっとみる

動きのある写真、動きのない写真

この秋は、ひたすら写真と向き合っている。精神的な意味合いではなく、物理的な意味で。

七五三で撮影が立て続けに入っているおかげで、写真整理と現像でとにかくずっと写真を眺め続けているのだ。

子供ってジッとしていないし、大人だって集合写真の時には瞬きしたり視線を逸らしたりするものだ。だから確実な仕事をしようと思うと連写は必須…という訳で、1時間の撮影で500枚は撮っている。下手したら1000枚近い枚

もっとみる