おすすめノート2

188
記事

私が死のうと思ったのは――三十歳誕生日記念エッセイ

僕が死のうと思ったのは
誕生日に杏の花が咲いたから
その木漏れ日でうたた寝したら
虫の死骸と土になれるかな
――中島美嘉「僕が死のうと思ったのは」(amazarashi作詞・作曲)

 いよいよこの日を迎えてしまった、この日まで生き延びてしまった――

 十代から二十代前半の私は、三十歳まで生きられればそれでいいと思っていた。
 そのことを私より二年早く三十路に足を踏み入れた恋人に言うと、「昔の友

もっとみる
スキありがとうございます。宜しければシェア・フォローをお願いします。
170
うれしいです!
6

魔女とわんこ

去年ちょっとだけバズったやつ。

100アザラシポイントを獲得しました。
14

創作漫画「コールドスリープ」

「なつかしい」という感情には、「さみしい」が少なからず含まれていると
思います。

ありがとうございます。
40
読んでくださってありがとうございます!
10